Dialysis

岡山での人工透析の種類について

カルテ

腎不全などが原因で衰退してしまった腎機能を補うために行われる人工透析ですが、その種類は大きく分けて岡山には二種類あります。1つめは『血液透析』です。血液透析とは、ダイアライザーと呼ばれる機械に血液を通して濾過する方法です。ダイアライザーという機械の中にはたくさんの細いストローのような管があって、この管の中を血液が通って外側に透析液を流すことで血液中の老廃物を濾過することができます。この方法のメリットは一定の時間があれば血中の老廃物を確実に濾過できることです。デメリットは拘束時間が長く1回にかかる時間は5時間ほどで週2~3回行わなければなりませんし、心不全や動脈硬化などの合併症が起こりやすいことです。
2つめは『腹膜透析』です。腹膜透析とは、自分の腹膜を透析膜として利用する方法で、在宅で行われることがほとんどです。腹部に取り付けたカテーテルと呼ばれるチューブに透析液を注入して一定時間置いたあとに排液します。1日に数回透析液を入れ換える方法と、夜間に自動的に透析液を入れ換えて睡眠中に完了できる方法とがあります。この方法のメリットはわざわざ病院まで行かなくても在宅で行うことができることです。デメリットは自己管理能力が必要なことと、被嚢性腹膜硬化症という合併症を起こす可能性があることです。

NEW POSTS

カルテ

岡山での人工透析の種類について

腎不全などが原因で衰退してしまった腎機能を補うために行…

Read More
ガッツポーズ

岡山の透析とはいったい何なのか

透析、または人工透析という事を聞いたことがないでしょう…

Read More
聴診器

岡山での透析中気を付けてるべきこと

人工透析を受けている方は、岡山では色々な制限が設けられ…

Read More
看護師

岡山などの人工透析が必要な病気

私の父が最近人工透析になりました。それまで特に気にして…

Read More