Dialysis

岡山の透析とはいったい何なのか

ガッツポーズ

透析、または人工透析という事を聞いたことがないでしょうか?聞いたことがあってもいったい何の治療の事なのか知らない人も多いと思います。ここでは透析について説明したいと思います。
人工透析、またの名を「血液透析療法」といい、弱ってしまった肝臓の機能を機械で補助する治療の事を言います。肝臓には老廃物を血液からろ過する機能があります。ですが、肝臓が弱ってしまうと体内でろ過される老廃物と体に必要な成分を分けられなくなり、血液に有害な成分が残ってしまったり、必要な成分が尿と一緒に体外へ放出されてしまったりします。この症状を「尿毒症」といい、気力がわかなくなったり、眠れなくなったりなどの体調が悪くなってしまうのです。そして弱った肝臓では体内の塩分や水分の調整が不安定となり、体がむくみ、めまいなどの症状が現れます。それらの肝臓の不調を補うのが透析なのです。
透析の治療というのは、週に3回ほど岡山などの病院に通い、ダイアライザーと呼ばれる人工膜に血液を通し、血液の老廃物や余分な水分を取り除きます。これを血液透析といいます。綺麗になった血液は体内に戻されて、また次の日に病院に行くのです。血液透析は患者さんの生命にかかわります、負担も大きく、一回の透析時間は4時間くらいと長時間であり、これを一生続けなければならないので、患者のストレスは大きいのかもしれません。透析への理解が深まり、よりよい生活の基盤を気づけたら幸いなのです。

NEW POSTS

カルテ

岡山での人工透析の種類について

腎不全などが原因で衰退してしまった腎機能を補うために行…

Read More
ガッツポーズ

岡山の透析とはいったい何なのか

透析、または人工透析という事を聞いたことがないでしょう…

Read More
聴診器

岡山での透析中気を付けてるべきこと

人工透析を受けている方は、岡山では色々な制限が設けられ…

Read More
看護師

岡山などの人工透析が必要な病気

私の父が最近人工透析になりました。それまで特に気にして…

Read More