Dialysis

岡山の腹膜透析についてのこと

岡山での透析の方法として、腹膜透析というのがあります。まさに二大透析手段といえるくらいです。その腹膜透析ですが、これは自分自身の腹膜を使います。腹膜を透析膜として利用することによって、体液のろ過をすることができるようになります。透析の多くが病院にいって行うのですが、この方法では主に在宅で実行できるようになっています。実際に、どのようにして行われるのかというと、岡山ではまず患者の腹部にカテーテルを入れます。そして、そこから透析液を入れていきます。その後、一定時間後に排液させていきます。ポイントはここだけであり、腹膜の血管を通じて透析液に老廃物などが滲み出してくるようになっていきます。これにより、ろ過ができるようになるわけです。注入におよそ10分程度かかり、排液には15分程度かかることになります。
自宅で出来るということが人気でもあるのですが、当然ながら合併症などのリスクもありますから、よく考えて決めることです。基本的に透析は一度行うとそれを一生続けることになりますから、そんなに安易に決めることではないのです。岡山では費用的には実はそこまでではないのですが問題は透析をしている状態では社会生活、活動がままならないというところにあります。

岡山の透析は体にとって大切な時間

腎臓の機能が正常に機能しなくなってしまった方にとって、透析はとても大切な時間です。血液の中に機械を通して人工的にきれいにしていくために時間がかかります。血液には老廃物や水分がたまっていきます。腎臓が機能すれば尿として排出できるのですが、できないために透析を行います。透析は、家庭で行うことができないために、病院で行う医療行為です。
透析をすると体の中がきれいになるので、体の調子もよくなるような気がします。しかし、実際は体に痛みを感じたり、だるくなったりします。体力的にも精神的にも大変な思いをしますが、生きていくためには必要としている人が岡山では多くいます。
岡山の透析患者は、地震などの震災が起こるととても大変な思いをします。治療が途切れてしまうと、症状が悪化して生死にかかわることになりかねないからです。震災が起きた時には、すぐに透析ができる場所を探します。水道や電気などのライフラインが止まっても何とかなりますが、透析が途切れてしまうことのないように、医療機関を探さなければなりません。阪神大震災では、大きな地震で透析患者も困りました。岡山は医療機関が発達している地域なので、すぐに別の病院が決まりました。田舎のほうでは医療機関の震災による対策が必要になります。

岡山での透析の費用として

岡山は人工透析をしている人が増加しているのですが、当然ながらこれには結構な費用がかかることになります。透析を受けた場合にかかる費用なのですが、まず、1ヶ月の透析治療の医療費用として、岡山はおよそ、外来血液透析では約40万円程度になります。もう一つの透析の方法としてある腹膜透析の場合は岡山では30万円から50万円程度は必要になるとされていますから、覚えておきましょう。
非常に高額に見える透析治療ですが実はかなり軽減できるように公的助成制度がありますから、実はそんなに心配することはないです。手続きをすることによって、負担はかなり軽くすることができるのです。その一つとしてあるのが長期高額疾病になります。特定の疾病に対して利用可能な制度です。透析治療の自己負担としては、1か月で1万円が上限となっています。但し、所得が一定以上ある場合は2万円です。入院時の衣服、食事代などは自己負担になりますが、これは別に他の制度でも同じことになります。
つまりは、本当に透析の費用というのはかなり軽くなっているのです。但し、それでも社会的な活動が著しく制限されるようになります。まず、激しい運動ができなくなりますし、毎週何回も通うので仕事などに支障があるのでそちらのほうが社会的な問題になっています。


透析は費用の問題でしたくてもできない方が大勢います。ですが、岡山なら透析を保険などを活用することで費用を抑えれる可能性があります。何事も行動しなければはじまりませんので、岡山で透析を行う準備を進めておきましょう。

NEW POSTS

カルテ

岡山での人工透析の種類について

腎不全などが原因で衰退してしまった腎機能を補うために行…

Read More
ガッツポーズ

岡山の透析とはいったい何なのか

透析、または人工透析という事を聞いたことがないでしょう…

Read More
聴診器

岡山での透析中気を付けてるべきこと

人工透析を受けている方は、岡山では色々な制限が設けられ…

Read More
看護師

岡山などの人工透析が必要な病気

私の父が最近人工透析になりました。それまで特に気にして…

Read More